柔術家のためのポルトガル語講座①\(^o^)/

KIMG0329

 沖縄は梅雨が明けて毎日、30度以上の暑い日が続いております。

 みなさんいかがお過ごしでしょうか?

 沖縄県那覇市でブラジリアン柔術専門の道場を開いております、『若ブラジリアン柔術道場』代表の若山です(^.^)

 
 

 今日からブラジリアン柔術家のためのポルトガル後講座を不定期でやっていきたいと思います。

 ポルトガル語を覚えれば、YOU TUBEでブラジル人選手が解説している技が映像だけでなく言葉からも理解できると思います。

 まあ最近は英語で説明しているブラジル人トップ選手もいますが(>_<)  ポルトガル語を覚えたら、世界大会の会場セコンドなどでブラジル人が叫んでいる指示が聞き取れたりしたら楽しいと思います。  一回目の今日は柔術のポジションの呼び方についてやっていきましょう。  パスガード=PASSAGEM DE GUARDA(パッサージン ジ グアルダ)      スイープ=RASPAGEM(ハスパージン) ニーオンザベリー=JOELHO NA BARRIGA(ジュエリ ナ バヒーガ)  マウントポジション=MONTADA(モンターダ)  バックマウント=COSTAS(コスタス)  サイドポジション=CEM QUILO(セン キーロ)  テイクダウン=DERRUBA(デフーバ)  まずは柔術用語から覚えていきましょう!   『若ブラジリアン柔術道場』   那覇市首里山川町3-61-9   TEL:098-884-0029   月~土 19:00~22:00   ※駐車場完備  

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です