ブラジリアン柔術はスポーツと同じ(^o^)/

KIMG0170

 こんばんわ、沖縄県那覇市でブラジリアン柔術というスポーツのジムを開いています、『若ブラジリアン柔術道場』代表の若山です(+_+)

 今日はパラエストラ沖縄から青帯のキムさんが出稽古に来てくれました。

 キムさんも今月28日の琉球フリーファイトの青帯ライト級の柔術トーナメントに出場するそうです。

 

 練習後、『試合で勝つためには?』という話題になりました。

 私はみんなに試合巧者になって欲しいと伝えました。

 柔術には大きく分けて2つのスタイルがあると思います。

 一つは相手からタップを奪って極めて勝つスタイル、もう一つはポイントで上回り判定で勝利するスタイル。

 私はどちらかというと後者のほうです。

 もちろん私もバンバン相手からタップを奪って勝ちたいですが、上のレベルになると実力も拮抗してきて1本取るのは難しいです。

 (もちろん極めるが得意な人はドンドンその能力を伸ばしていったらいいと思います。)
 

 私の中ではブラジリアン柔術は格闘技というより、サッカーや野球と同じ感じです。

 時間内で相手よりポイントで上回り勝利することに喜びを感じてしまいます。

 格闘技というと怖いイメージがあるかもしれませんが、練習ではタップすれば怪我をすることはめったにありません。

 事実、私は10年以上ブラジリアン柔術をやっていますが、大きな怪我をしたことがありません。

 ブラジリアン柔術を始めてみようか迷っているあなた。

 沖縄で本場ブラジルの柔術を始めてみませんか?

 『若ブラジリアン柔術道場』はただいま入会金0円キャンペーン中!!! 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です