『ブラジル修行日記』その七拾九\(^o^)/

ブラジリアン柔術 ブラジルのビザ

最近、会う人会う人に『ブラジル修行日記』見てますと言われてます
正直、もうこの辺り(2007年後半くらい)からネタ切れです
最低、1ヶ月に1記事は更新しようと思っていますが、今月ももう月末に近づいて来て焦ってます
それでは『ブラジル修行日記』2007年9月行って見ましょう

一時帰国

先月から、諸事情により日本に一時帰国しています
帰国ついでにアメリカのムンジアルに出場してきました
約1ヶ月日本に滞在して、ブラジルに戻らなければいけません
なぜなら、まだ紫帯で柔術修行の途中です
目標はあくまでブラジルで黒帯まで取ってくることなので、ブラジルにもう一度戻らなければいけません
しかし、3年半も不法滞在していたので、普通にビザを申請してもおりません
不法滞在していた人は期間にもよりますが、数年あいだを空けないとブラジルのビザがおりません
実際、不法滞在していた先輩柔術家の方々も数年、期間を空けてブラジルに行っていました
私の場合は今すぐにでもブラジルに戻って柔術修行を再開しないといけないので、数年待っている訳にはいきません
死んでも今すぐブラジルに戻ってやるという気持ちでした
そこで私の取った方法は完全に犯罪なのですが、今となっては時効なので(たぶん)話します
良い子は絶対にマネしないでください
まず、私のパスポートには8日以内に国外退去しろとか不法滞在していたスタンプがバッチリ押されているので、このままブラジル領事館にビザを申請しても下りる訳がありません
そこで、まずパスポートを無くしたことにして、新しいまっさらなパスポートを取得することにしました
新規でパスポートを申請しましたが、パスポートセンターから電話がかかって来て、あっさり前にパスポート取得したことがバレました
結局、紛失したということで再発行できました(実際には紛失してないのですが、、、)
こうして、なんとかまっさらなパスポートをゲットできました
つぎに五反田にあるブラジル領事館に行ってビザの申請をします
ここでも、新規でブラジルに行ったことはないというていでビザを申請しました
領事館ではビザを申請すると約2週間後の何月何日にビザが発給されますので、この日以降に取りに来てくださいと言われます
なので、あえてその日の飛行機のチケットを予約しました(まだ確実にビザがおりると確定したわけではないのに)
飛行機のチケットは午後3時の成田発のチケットでした
ビザを取りに来てくださいと言われたその日の朝一で五反田の領事館に向かいました
領事館が開くと同時に、ビザを取りに来ましたと。。。
この瞬間、かなり緊張しました
すると係の人が慌て始めて、ざわざわし始めました
私の心境としてはやっぱりバレたか。。。という感じでした
案の定、係の人が『あなたブラジル行ったことありますよね?』と聞いてきました
どうやら、不法滞在していたブラジルの連邦警察のデータからひっかかったみたいです
こうなることをあらかじめ予測して、まっさらなパスポートを取得しておきました
私はまっさらパスポートを見せながら、『いいえ、ブラジルなんて行ったことありません。海外行くのを初めてですから!』とまっさらなパスポートを見せてアピールしました
係の人は困った顔をしました
さらにここで飛行機のチケットを見せて芝居をうちます
『困ったなー領事館が2週間後にビザ取りに来てくださいっていうから、私、今日の午後3時のチケット取ってしまいましたよー』とプレッシャーをかけます
係の人がカウンターと奥にある領事のいる部屋を行ったり来たりし始めました
ここから1時間半くらいまたされ、途中、『何しにブラジルに行くのか?』とか『どこに滞在するのか?』とか聞かれつつなんとか、ビザが下りました
この時点で昼近くになっていました
速攻で成田に向かいなんとか飛行機に乗れました
チケットは往復で12万円くらいの安いチケットだったので、アメリカで5時間くらいトランジットがあって疲れました
そして、飛行機を乗り継いでサンパウロの空港まで再び辿り着きました
成田を出発して30時間以上、朝、五反田の領事館に向けて出発した時から何時間経っていたでしょうか

ブラジルに再び入国

最後の関門、入国審査の列に並んでいる時はかなり緊張しました
ここでもし、入国審査官がパソコンの端末で私の名前を入力してしまったら、不法滞在していた履歴が出てしまいバレてしまいます
ここまで来て入国できなかったら、飛行機のチケット代も時間もすべてが水の泡です
入国審査官はパソコンの端末をさわることなく、私のパスポートに貼られた日本領事館のビザを見ると何の疑いも持たずにスタンプを押してくれました
ホッ―としました
こうして、私は3年半も不法滞在していたにも関わらず、1円も罰金を払わずに帰国して、わずか1ヶ月で再びブラジルに戻ってきました
もちろん1ヶ月で戻ってきてますから入国するときも1円も罰金を払っていません
この話を不法滞在して柔術修行していた先輩方に話すとお前ずるいぞーと怒られます
皆さん罰金を払って帰国して、さらにすぐ戻りたいけど、期間を空けてビザが下りなくて苦労しているからです
今回、この話をブログに書くか迷いましたが、すべては柔術に対する情熱、どうしてもアンドレ・ガウバォオンに柔術を習いたかったということで許してください
続く

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です