ブラジル修行日記その七拾参\(^o^)/

ブラジリアン柔術 サンパウロ州選手権

『ブラジル修行日記』2007年の3月行ってみましょう

4年目のシーズン開幕

カーニバルも終わり3月に入ると、柔術シーズンの開幕です
開幕戦は毎年、サーキットパウリスタ(サンパウロ州選手権)の第1戦です
ブラジルに来て、4年目のシーズンの始まりました
昨年のムンジアルの後、不本意ながら紫帯に昇格して、紫帯で迎える最初のシーズンになります
年明けからよく練習しました
毎日、暑い日が続いていましたが、昼はBRASAの昼練、夜はアンドレの道場で夜練
減量は夏なので、うまく行きました
パウリスタは紫帯の場合、土曜日が試合で、前々日の木曜日にトーナメントが発表されます
インターネットでトーナメント表を見る時は、いつも緊張します
紫帯プルーマ級は8人トーナメントでした
パウリスタも青帯のプルーマ級は20人以上いましたが、紫帯に上がると人数がグッと減ります
紫プルーマでトップを走っていた、アルミール・バホスは茶帯に昇格していたので、トーナメントにいなくてホッとしましたw

シセロ道場の包囲網

昨年、青帯時代に2回戦って、2回とも勝利しているチアゴ・バホス(シセロ・コスタの生徒)も紫帯に昇格していて、順調に行けば決勝であたる組み合わせでした
1回戦の相手もシセロの生徒でした
つまり、優勝するためにはシセロ道場の2人を倒さないとダメということになります
シセロ道場の生徒とはホントによく試合をします
レアンドロ・ロとは1回、この時点でチアゴ・バホスとはすでに2回やっていました
他にもシセロ道場の生徒とは試合しました
シセロ道場の生徒はみんな強いです
シセロ道場に通っている生徒はみんな貧しい人が多いです
シセロはソーシャルプロジェクトで貧しい子供たちに無料で柔術を教えています
貧しい人特有の粘り強さがあります
なぜなら彼らは柔術で成功して貧しさから抜け出そうとしているからです
シセロはセコンドにいるし、生徒もたくさんセコンドにいるので、試合していてやりづらいです
なので、トーナメント表を見た瞬間、『シセロ包囲網か~』って感じでした
BRASAからは自分1人だったので、1人でシセロ包囲網を突破しないと優勝はありません
会場はパウリスタの常打ち会場である、パライーゾにあるテニスクラブでした
家から近いので自転車で行きました
会場に着いて自転車を停めていたらシセロに会いました
シセロはいつもクシャクシャの笑顔で『今日もうちの生徒をやっつけるのかい?』と冗談を言ってくるので、『何を言っているんですか!シセロ先生、やられているのはいつも私の方じゃないですか!』と返すのが、シセロと私の中のお決まりの挨拶みたいになっていました

3度目の対戦

大会は紫帯の軽量級から試合がスタートしたため、すぐに呼ばれました
1回戦はシセロの生徒にもぐりスイープを決めて2-0で勝利しました
正確に言うと、もぐりスイープで手押し車になったところで、相手が場外逃避したので2ポイント入りました
7分間フルに戦ったので、初戦の緊張も重なりヘトヘトに疲れました
準決勝の相手はグレイシーバッハの選手でした
私がクローズドガードを取り、結局、7分間戦うもポイントもアドバンテージも0-0でレフェリー判定になりました
終了のブザーが鳴ったと同時に、手を叩きながら自分の勝利をアピールしました、さらにセコンドのチームメイトとハイタッチまでしてレフェリーにプレッシャーをかけましたw
その後、中央に戻りレフェリーの裁定を待ちました
アピールの甲斐があったか?私の手が上がり、決勝進出です
反対ブロックからは予想通り、チアゴ・バホスが2試合とも1本勝ちで上がってきました
去年、対戦した時より確実に強くなっているだろうと思いましたが、私だって毎日、充実した練習をしてきたので負ける気はサラサラありません
試合は私が引き込み、チアゴがパスを狙う展開に終始しました
バルボーザ道場の系列の選手らしく強烈な脇差しパスをしてきます
なんとか耐えていたのですが、試合時間残り1分くらいのところでついにパスされてしまい0-3で負けました
パスされた瞬間、セコンドのシセロ軍団から歓声が上がったのがイラッとしましたw
これでチアゴ・バホスとの対戦成績は2勝1敗になってしまいました
この後もチアゴとの対戦は続きます
当時はライバルでしたが、チアゴは昨年のムンジアルで3位、ワールドマスターで2位、先日のパンアメリカンもミヤオとシェアして優勝でした
随分と差をつけられてしまい、私のことなんかもう忘れているだろうなーと思っていました
そしたら、FACEBOOKで私の写真を見たチアゴから『元気か?お前がまだ柔術続けているみたいで嬉しいよ』とメッセージがきました
有名になっても私の事を覚えていてくれたことが嬉しかったです
続く

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です