『ブラジル修行日記』その七拾壱\(^o^)/

jiu-jitsu-japones5

10年前の出来事を記憶をたどって書いています『ブラジル修行日記』
2007年1月行って見ましょう
記憶がありません、、、
当時の写真でもあればいいのですが、当時はカメラもなかったのでありません
最低、月1本は更新しようと自分にノルマを課しているので、月末までに1本も書いていないと凄いプレッシャーです

ブラジル人柔術家とタトゥー

仕方がないので今回は、『ブラジル人柔術家とタトゥー』というテーマで話をします
ブラジル人はタトゥー大好きです
一般のブラジル人男性もブラジル人女性も若い人はタトゥーが入っている率は高いです
街中のそこら中にタトゥースタジオがあり、気軽に入れられる感じです
ブラジル人の柔術家ともなると、一般人よりさらにタトゥー率が上がります
道場に来ている8割くらいの人が入っているような気がします
むしろ道場でタトゥーが全く入ってない人を探す方が難しいです

ブラジル人柔術家に人気No1のタトゥー

ブラジル人柔術家に人気のタトゥーといえば、やはり漢字で『柔術』です
日本発祥の格闘技をやっているということを、友人のブラジル人にアピールしたいのでしょうか
だいたいタトゥーを入れて来た奴は、道場のみんなの前でタトゥーを見せびらかしますw
漢字で『柔術』と入れたタトゥーを見せながら、私を呼びます
そして、みんなを前にして『おい、ワカ!これなんて書いてあるか言ってみろ』といいます
私が『柔術』って答えると、本人はみんなの前でドヤ顔ですw
こんな事が毎回、続くので私も呼ばれるたびに面倒くさいなーと思うようになりました

柔術=sou gay?

そこで、ある時期から『柔術』という漢字のタトゥーを入れて来た奴に、『これ読んでみろ、なんて書いてある?』
と聞かれたら、まず、非常に驚いた表情を作ります、そして、口に手を当てて『嘘だろ、、、マジか、、、信じられない、、、』と呟きます
すると回りで見ているその他大勢が『どうしたんだよ!ワカ、何て書いてあるんだよ』と聞いてくるので、『sou gay(私はゲイです)』って書いてあるよと答えるとみんな大爆笑です
わざわざ『柔=sou』書いてあって、『術=gay』書いてあるよとウソの説明をしていましたw
この頃になるとポルトガル語も話せるようになっていたので、そんな遊びををやっていました

可哀想なタトゥーNo1

その他にもブラジル人はホント漢字のタトゥーが好きで意味不明な漢字を入れている人もいます
今まで見た中でこれは酷いな~と思ったのはセルジーニョことセルジオ・モラエスのタトゥーです
彼とはTT柔術時代、同門だったので道場で彼のタトゥーを見たときは驚きました
セルジオ・モラエス タトゥー
背中に反転した文字で『ギウギツ』?最初、意味不明でした
おそらくカタカナで『ジュウジュツ』と入れたかったのではないでしょうか
これを入れた彫師の人犯罪ですねw
ブラジル人柔術家のみなさん!ブラジルで漢字のタトゥーを入れる時は気を付けましょう!
続く。。。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です