ブラジリアン柔術上達にはスパーの後の『ピロートーク』が重要?\(^o^)/

ブラジリアン柔術

今日は柔術が上達するためのコツを紹介してみたいと思います

寝技もピロートークが重要

日本のプロ総合格闘技選手でブラジリアン柔術黒帯の青木真也選手が数年前に雑誌のインタビューで『寝技もピロートークが重要』と言っていました

つまり、スパーリング終了後にスパー相手と今、終わったスパーについてどうだったか?話をしろ!何も話さずに練習を終えるな!スパーで良かったところ、悪かったところを話合って反省点を出すことで、上達するということ話していました

私もこの意見には大賛成です。実際、これを今まで実行して黒帯になれました。黒帯になった今でも実行しています

相手にかけられた技を質問

スパーが終わった後に、相手にかけられた技が何だったのか?なんでかけられたのか?をわからないまま放置する人がいます

放置したままスパーしても、また同じ技をくらってしまい、いっこうに上達しません

まずはどんな技で極められたのか?どんな技でスイープされたのか?どんなパスされたのか?をスパーした相手にかけられた技を質問してみましょう

たいていの人は(よほど自分の技が知られたくない人でない限り)、上級者の人はどうやって技に入ったのかを教えてくれます

上級者の人は、柔術初心者に質問されると、自分が評価されたみたいで気分がいいものです。遠慮せずにガンガン聞きましょう

どうして技に入れたのかを質問

次に、スパー相手にどうして自分はその技に入れたのか?自分の何が悪かったのか?自分のどこにスキがあったのか?を質問してみましょう

上級者であればあなたのこういうところが、悪かったので技に入ることが出来たということを教えてくれるでしょう

次にスパーするときは、教えてもらったことを参考に同じ技を食らわないようにします

具体的に対処法を質問

原因がわかったら、思い切って対処法も質問してみましょう

スパー相手によっては、相手に自分の得意技の対処法を教えるのを嫌がる人もいます

そういう場合はスパー相手本人じゃなくて、他の上級者や先生に聞いてもいいでしょう

対処法がわかったら、それを参考に次のスパーに生かします

【まとめ】

・スパーリングでやられた技を放置しない

・スパーリングでやられた技の原因を解明する

・スパーリングでやられた技の対処法を学ぶ

以上のことに注意してスパーリングしていくと、ただ漠然とスパーするより、何倍も早く上達できます

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です