ブラジリアン柔術は週1回の練習でも強くなれるのか?

ブラジリアン柔術 練習頻度

メールにて入会を検討されている方から『週1回の練習でも強くなれますか?』という問い合わせを受けました

今日は『練習頻度』と『上達の速度』について話しましょう

週1回の練習でも強くなれるのか?

結論から言うと、週1回の練習でも強くなれます

ただし、もの凄く時間がかかると思います

週1回の練習だと、次の練習に来た時に前回習ったことを忘れてしまっているので、それを思い出すのにだいぶ時間を取られてしまい、なかなか新しいことを覚えていけません

つまり非効率なので中々、上達に時間がかかります

理想的な練習回数とは?

それでは週何回くらい練習すればスムーズに強くなっていけるのでしょうか?

一番いいのは、毎日練習できたら最高です

しかし、中学生や高校生なら部活の代わりに毎日、練習できますが、仕事も家族もいる社会人は無理だと思います

20代の若者なら毎日練習することも可能ですが、30代の人は体力的に無理でしょう

私が道場をオープンさせてからの経験として

強くなるために

週1練習  かなり難易度高し

週2練習  工夫すれば可能

週3練習  真面目にやれば確実に

週4練習  放っておいても自然に

そんな実感があります

なんとか頑張って週3回は道場に来てほしいです

理想は一日おきに道場に来れば、前回やったことを忘れる前に復習できます

そして、新しいことをさらに覚えて先に進んでいけます

道場以外での練習が大切

それでは週3回以上来れない人は強くなれないのでしょうか?

そんなことはありません

どうしても仕事や家庭の事情で、週2回しか来れない人は、道場に来れない日の過ごし方が重要になってきます

例えば、毎回、習った技をノートに書いて復習・イメージトレーンングしたり、教則本や教則DVDで柔術の勉強することもできます

これが週2練習の『工夫すれば可能』という意味です

逆に週4練習の『放っておいても自然に』というのは特に家で柔術に触れなくても、道場に来ていればさえすれば自然に強くなっていくという意味です

もちろん週4練習の人がさらに家でも柔術に触れていたら、もっと早いスピードで上達していくでしょう

限られた時間で工夫

30代の社会人の方は多くは仕事と家庭を持っているので、学生のように週に4回も5回も道場に来るのは難しいと思います

逆にお金に関しては学生よりも多少、余裕があると思うので、教則本や教則DVDやオンラインで柔術を学ぶことができるはずです

限られた時間を工夫して、柔術ライフを楽しみましょう

2 Comments

  1. 西山正洋(匿名希望)

    若柔術 代表 若山達也様、

    はじめまして、当然のメール、失礼いたします。
    毎回、先生のブログ楽しみに拝読しています、都内で柔術をしている(約半年、昨年3ヶ月行い、事情で10ヵ月程休みまた再開して3ヶ月です)中年のサラリーマンです(格闘技経験は無し)。

    初心者対象のビギナークラスに出ておりますが、この内容(技の練習)が私には難しくついていけません(例:インヴァーティッドガードからバックを取って、送り襟絞め。オープンガードをパスしてニーオンベリー、そこから腕十字など)。
     クラスは、青、紫帯、たまに茶帯の方も出席されます。白帯はストレライプのある方が毎回、数名。レッスンは、ウォーミングアップ→技の練習→スパーリング(指導員によって、内容が毎回違う)ですが、事情により私は、技の練習もしくは、スパーリングの始めで上がっています。頻度は、週1回もしくは2回。月に8回前後です。
     私より、後から入った10代、20代の方数名は、難無く技の練習をこなしていますが、私は、トータルで半年以上続けていますが、技は一つも身についておりません。当然、スパーリングもなにもできずに終わり、進歩の兆しもありません。
     そこで先生に質問ですが、技を身に付けるために、家でできることはあるでしょうか?
    因みに、週1回や全く行けない週は、ユウーチューブを参考に1人でできるドリルを週2回(約15分)していますが。もっと簡単な内容で、初心者だけを対象にしているクラスがる道場を探して移った方がいいのでしょうか?年齢的に、致しかたないとは思いますが。
     お忙しい中、また、会員でも無いのに、厚かましいお願いですが、ご回答お願いいたします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です