若柔術の『スパーリングクラス』について\(^o^)/

ブラジリアン柔術 スパーリング
本日は当道場の『スパーリングクラス』について紹介したいと思います
 『スパーリング』とは練習試合みたいなもの。柔術では乱取りとかスパーリングという言葉を使います
【スパーリングクラスの時間およびインターバルの時間について】
まず、若柔術の『スパーリングクラス』の開催時間ですが、毎日、20:30~22:00の90分間行われています
スパーリング1Rの時間ですが、1R=5分で行っています(稀に上級者のみの場合は1R=10分で回します)
スパーリングとスパーリングの間のインターバル(休憩時間)は1分間あいだを取っています
1R=5分、インターバル=1分で90分間回すので、1回のスパーリングクラスで16Rくらい回します
【スパーリングは休まず参加しないとダメなの?】
もちろん、90分間休まずスパーリング出来る人など、上級者でもいません
みんな自分のペースで好きな時にスパーに参加して、好きなときに休んで構いません
柔術初心者ならスパーリングを見るだけでも勉強になります
 ブラジリアン柔術 スパーリング
【1回のスパーリングで何組できる?】
道場の広さの関係で、1回のスパーリングに参加できるのは4組(=8人)が最適です(立ち技からスタートするなら3組)
人数が多い時は、みんなで譲り合ってスパーしてください
【スパーリング相手の選び方は?】
道場のスパーリングでは帯の色・体重・性別に関係なく、みんなとスパーしましょう
スパーリングをお願いするときは、インターバル中に『お願いします!』と相手に言って、次のラウンドでスパーする相手を決めておきましょう
道場のスパーリングはヒザ立ちの座った状態からスタートします(試合が近い場合は立った状態からスタートすることもあります)
ブラジリアン柔術 スパーリング
【実力差があっても練習になるの?】
柔術初心者の人は上級者の人とスパーを『自分のような初心者が上級者の人とスパーして相手に迷惑じゃないか?』と考えが
ちですが、上級者は初心者とスパーすることによって、新しい技を試したり、初心者に教えながらスパーすることによって上達
するメリットがあります
なので、柔術初心者の人も遠慮せずにドンドンスパーをお願いしていきましょう
以上のことを参考にして『スパーリングクラス』に参加してみましょう
次回は『スパーリングで力を抜くこと大切さ』について書く予定です

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です