『ブラジル修行日記』その七拾\(^o^)/

a022a765d7b502b198bba2a5aeee9ec8

【2006年12月】

先月、紫帯で初勝利&団体戦で優勝して2週間くらいは嬉しさのあまりフワフワしてましたw

ぶっちゃけ『ブラジル修行日記』も先月までくらいが、有名選手と対戦したりしますが、この後は特に有名選手が出てくることもなく、記憶もあまりないのが、正直なところですw

よく『ブラジル修行日記』ってどうやって書いてるんですか?よく覚えてますね?って聞かれるんですが、全部、覚えてます

逆に言うとそれくらいブラジルでの思い出は忘れらないものだったということでしょうか

しかし、ブラジル滞在後半からの記憶は曖昧です

あまり心に残るような出来事がなかったのか

まあ、覚えている範囲で書いていきましょう

【ブラジルのクリスマス】

2003年7月にブラジルに来たので、この時点でブラジル滞在も3年半くらいが経とうとしてました

ブラジルの12月は南半球なので、真夏です

毎日バカみたいに暑いです

12月に入ると街全体がクリスマスモードになります

ブラジルのサンタは真夏なので、暑くて大変そうです

暑いので、サンタもサーフィンしちゃいますw

ブラジリアン柔術 サンタクロース

ブラジルに来た頃は、クリスマスなのに暑いというこの違和感が半端なかったです

でも、南半球の人には普通なんでしょうね

ブラジルではクリスマスに『パネトーニ』というケーキみたいなお菓子を食べます

こんな感じの箱に入っています

ブラジリアン柔術 パネトーニ

中を開けるとこんな感じで、チョコチップが入っていて激うまです

1人で一個食べるのが夢でしたw

ブラジリアン柔術 パネトーニの中身

12月に入るとどこのスーパーでも『パネトーニ』が山積みで売られ始まります。。。

ブラジリアン柔術 スーパーマーケット

各メーカーが自社のパネトーニを売ろうと必死です

私はこれを勝手に『パネトーニ戦争』と名付けていましたw

そして、心の中で今年も『パネトーニ戦争』が始まったかと思ってました

【ブラジルの金持は半端ない】

12月のある日曜日。。。家の前に住んでいるウィルソン(茶帯)から電話が来ました

ウィルソンは家の前の超高級マンションの最上階に住んでました

そして、屋上にはウィルソンの家の人しか行けない専用のプールがありました

こんな感じの

 

ブラジリアン柔術 屋上のプール

ブラジルの金持ちは半端ないです

日本の金持の比じゃないです

ブラジルは貧富の差が激し過ぎます

ストリートチルドレンとかたくさんいますが、逆に金持ちは恐ろしく金持ちです

ウィルソンの家の屋上でシュハスコ(ブラジリアンBBQ)やっているから、来いというお誘いでした

アンドレ&アンジェリカのガルヴァオン夫妻も来ているという話でした

面倒くさいので、適当にわかった行くよ!と返事して放置してましたが、1時間後くらいにまだ来ないのか?という催促の電話が来たので、仕方なく行きました

シュハスコをごちろうになり、アンドレ先生とプールに入りました

日差しが強いので、日に焼けて、次の日の練習の時背中が痛かったです

【親友ウィルソン】

ウィルソンには大変お世話になっていました

歳は2歳くらい上だったと思います

サンカエターノのアンドレ道場にウィルソンも来ていました

ウィルソンが来た日は、帰り彼の車で家の前まで送ってもらえるので、超助かります

1人で帰るとなると、バスと電車を乗り継いで1時間半くらいかかるので

ウィルソンの車だと時間とお金も節約できるので、最高です

ウィルソンがサンカエターノ道場に行くことがあらかじめ分かっている時は、行きも一緒に車に便乗します

午後6時くらいに彼の職場のあるセントロ(ダウンタウン)の事務所までメトロ(地下鉄)で行きます

ブラジリアン柔術 地下鉄

ウィルソンは弟と会社を経営しています

何の会社かようくわかりませんが、たぶん株の取引きかなんかの会社だったと思います

すごい金持ちです

行き帰りの車の中でウィルソンと色んな話をしました

アンドレは私にとって先生なので、一緒にいても緊張します

その点、ウィルソンには何でも相談できました

ウィルソンは私が理解しやすいようにゆっくり簡単なポルトガル語で話してくれます

ウィルソンとの車の中での会話で私のポルトガル語能力は確実に上達したと思います

この年の年越しはどこで過ごしたのか全く記憶がありません

たぶん家で迎えたのだと思います

特にオチはありませんw

続く。。。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です