『ブラジル修行日記』その六拾九\(^o^)/

%e5%9b%a3%e4%bd%93%e6%88%a6

『ブラジル修行日記』2006年11月行ってみましょう。。。

 

 

 

先月、紫帯でデビューしましたが、あっさり負けて、その次に出た試合も負けてしまいました。。。

 

 

 

何の大会だったか記憶が曖昧です。。。

 

 

 

紫帯は厳しいな~と思いながらも、練習だけはガンガンしてました。。。

 

 

 

そして、11月になりIBJJFの団体戦がやってきました。。。

 

 

 

この団体戦は帯別で青帯、紫帯、茶帯と黒帯は混合です。。。

 

 

 

階級は65㎏以下、75㎏以下、75㎏以上の3階級で、茶黒は75㎏以下と75以上の2階級です。。。

 

 

 

5対5の団体戦で、先に3勝した方が勝ちで、先に3勝したらそれ以降の試合は行われません。。。

 

 

 

試合するのは5人ですが、7人まで登録可能で、最低3人でも出場できます(1敗もできませんが。。。)

 

 

 

昨年はメンバーが集まらず、青帯の75㎏以下級に4人で出場したら、当日に1人来なくて散々でした。。。

 

 

 

今年は5人でBRASAのメンバーが組めました。まず、ギィ&ハファのメンデス兄弟、デミアン・マイアの生徒のフィリッピ、レオジーニョの生徒のファビオ、アンドレの生徒の私。。。

 

 

 

ムンジアルなど、IBJJFの大きな大会はリオで行われるので、いつものように深夜バスに乗って、サンパウロを夜中に12時出発して、朝の6時にリオに着きました。。。

 

 

 

試合会場が開くまで時間があるので、安宿(10レアウ=5ドル)で少し休んでから会場に向かいました。。。

 

 

 

我々がエントリーした、紫帯65㎏以下級にはBRASA、デラヒーバ、グレーシーバッハ・ベロオリゾンテの3チームがエントリーしていました。。。

 

 

 

試合前に監督のレオジーニョを中心にオーダーを決めました。。。

 

 

 

1番手=フィリッピ、2番手=ハファ、3番手=ギィ、4番手=私、5番手=ファビオに決まりました。。。

 

 

 

試合が始まる前、敬虔なクリスチャンであるフィリッピがみんなでお祈りしようと言い出しました。。。

 

 

 

5人で円陣を組んで、フィリッピがお祈りをして気合を入れました。。。

 

 

 

 

1回戦の相手はデラヒーバチームでした。。。

 

 

 

1番手のフィリッピがかなりの接戦を制して勝ち、ハファ&ギィはあっさり1本勝ちして3連勝したため、私の出番はありませんでした。。。

 

 

 

グレーシーバッハもデラヒーバチームに勝利して、決勝はBRASA対バッハになりました。。。

 

 

 

グレイシーバッハ・ベロオリゾンテは先生がドラクリーノなので、軽量級にいい選手が多いです。。。

 

 

 

決勝戦のオーダーは1番=ファビオ、2番手=ギィ、3番手=ハファ、4番手=私、5番手=フィリッピで行くことになりました。。。

 

 

 

1番手のファビオが負けてしまい、0-1。。。2番手のギィの相手がかなり強くて、接戦になったのですが、ギィが勝ち1-1のイーブン。。。

 

 

 

3番手のハファが1本勝ちして2-1になり、私の番に回ってきました。。。

 

 

 

私が勝てば、3-1で試合を終わらせることが出来ます。。。

 

 

 

しかし、私が負けてしまうと2-2で最後のフィリッピに。。。

 

 

 

フィリッピは1回戦の激闘と減量の影響でかなり消耗していました。。。

 

 

 

フィリッピは通常フェザー級で試合しているので、かなり減量しました(フィリッピ以外の4人は普段はライトフェザー級。。。)

 

 

 

つまり、私が負けて2-2でフィリッピに回してしまうと、かなり勝利の可能性は低い。。。なんとしても私の所で勝負を終わらせなければ。。。

 

 

 

試合前にレオジーニォに呼ばれて『1試合だけだから、全部体力を使え!』喝を入れられました。。。

 

 

 

試合が始まり、同時引込みになりました。。。同時引込みになったら、上を選択しろとレオに指示されていたので、指示通り上から攻めました。。。

 

 

 

速攻でスイープされてしまい0-2、、、そのままバックまで取られそうになりながら、なんとか前に振り落して上になる。。。

 

 

 

やっぱバッハの紫帯は強いな~と感心しながら、おっと感心している場合じゃねえわと気を取り直してパスに行く。。。

 

 

 

そしたら、苦手なパスが出来て3-2で逆転。。。

 

 

 

しかし、再びスイープされて3-4になる。。。

 

 

 

何度もパスされそうにはなってはハーフに戻すという展開が続く。。。

 

 

 

 

やっぱり、俺ごときのペーペー紫帯ではバッハの紫帯には勝てないかと半ば諦めかける。。。

 

 

 

セコンドにいたヒカルジーニョの残り1分半という声が聞こえる。。。

 

 

 

残り時間が少なくなって来て9割くらい負けを覚悟していたら、相手が疲れてきているのが分かってもぐりスイープに行くと、これが決まって5-4。。。

 

 

 

もう残り時間すくないんじゃないの?30秒くらいかな?と思っていたら、上になって5秒くらいで終了のブザー。。。

 

 

 

5-4で私の勝利が決まると同時にチームポイント3勝1敗でチームが勝ち優勝が決まる。。。

 

 

 

紫帯初勝利が残り5秒での逆転勝利、しかもその勝利が団体戦でのチームの優勝を決めたので、かなりウルっと来た。。。

%e5%9b%a3%e4%bd%93%e6%88%a6%e8%a1%a8%e5%bd%b0%e5%8f%b006%e5%b9%b411%e6%9c%88

kimg0033

続く。。。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です