『ブラジル修行日記』その六十七\(^o^)/

2006%e5%b9%b49%e6%9c%88

10年前の出来事を記憶をたぐって書いております、『ブラジル修行日記』!

 

 

 

2006年の9月いってみましょう~

 

 

 

ムンジアルが終わってから1ヶ月間、昼練をする場所がなく、アンドレと2人で浪人状態でしたが、9月に入りBRASAの新しい昼練場所が出来ました!

 

 

 

地下鉄サンタクルーズ駅の近くにあるスポーツクラブ『フォルサ・ヴィタル』の3階が新しい練習場所になりました~

 

 

 

レオジーニョとスポーツクラブのオーナーが仲良くて、練習場所を提供してくれることになったみたいです。。。

 

 

 

 

スペース的にもかなり広くて充実した練習環境でした。。。

 

 

 

昼練は昼の12時~13時半まで柔術、13時半~15時までノーギクラスって感じでした。。。

 

 

 

今思えば、3時間って結構長いなーて思いますw。。。

 

 

 

全体の指揮はレオがいつもします。。。ほんとにみんなの兄貴って感じでした。。。

 

 

 

参加メンバーはアンドレ、ルーカス・レイチをはじめ黒帯がたくさんいました。。。

 

 

 

あとパブロ・ポポヴィチがこの時期、1ヶ月だけ来ていました。。。

 

 

 

たまに、ロバート・ドライスデールとその当時彼女だったミッシェル・ニコリーニが来ていました。。。

 

 

 

毎日20人近く昼練にくるので、スパーは体重別に90㎏以上、80㎏以上、70kg以上、70kg以下って感じで分けてやってくれていました。。。

 

 

 

当然、私は70㎏以下なんですが、70㎏以下の人はブラジルでは少ないので、レオがそのグループに入ってくれてました。。。

 

 

 

レオが『おい!ジャポネース(日本人)!スパーするぞ!』って言って毎日スパーしてくれました。。。

 

 

 

体重的にも女性のミッシェル・ニコリーニともよくやらされました。。。ノーギでガンガン、ヒールホールドしてくるから怖かったですw。。。

 

 

 

テクニッククラスはレオが指導するのですが、細かく技を教えるというよりは、みんなで質問を出し合って、レオがそれについてコンセプトを示すみたいな感じでした。。。

 

 

 

レオがよく言っていたのは、『お前らはもう黒帯・茶帯なんだから、ここをつかんで、ここをつかんでこうやりなさい~みたいな感じで細かく技は教えないよ~』。。。

 

 

 

レオは大まかなコンセプトだけを示して、あとは個人個人で研究するって感じでした。。。

 

 

 

TT柔術にいたときは内弟子だったので、月謝は免除されていましたが、このジムはスポーツクラブの中にあるので、月謝を払わなければいけませんでした。。。

 

 

 

それは別に当然なので払うのは問題なかったのですが、、、

 

 

 

スポーツクラブの1階には筋トレスペースがあります。。。

 

 

 

アンドレにはTT柔術時代から『ワカ!今日は筋トレしたか?』と毎日聞かれていました。。。

 

 

 

たまにしかやっていなくて、サボっていたのですが、いつも『やったよ!』と嘘をついていましたw。。。

 

 

 

どうやら、アンドレもこいつ嘘ついてるなと気づいていたみたいで、アンドレが柔術クラスの月謝と筋トレの月謝をまとめて6ヶ月分スポーツクラブに払ってしまいました。。。

 

 

 

半年払いすると安くなります。。。私は半年払いする大金は持っていないので、アンドレに毎月、月謝を払うという約束になりました。。。

 

 

 

さらにアンドレが筋トレのトレーナーに『こいつパワー全然ないから、パワーつけさせて!』と半ば強制的に筋トレさせられる羽目になりました。。。

 

 

 

なので、昼練は12時からなのですが、私は朝10時半~1階で筋トレしてから昼練に参加しておりました。。。

 

 

 

 

続く。。。

 

 

 

<写真はちょうど10年前の今日、2006/9/21>

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です