『ブラジル修行日記』その六拾壱\(^o^)/

DSC098612

『ブラジル修行日記』2006年7月の続き行ってみましょう!

 

 

 

なんとかリオまで辿り着けて、ホッとしました。。。

 

 

 

一時は試合出場も諦めました。。。

 

 

 

この年のコパドムンドはリオの対岸にあるニテロイ市で開催されました。。。

 

 

 

大会は木曜日の青帯から始まり、金曜=紫帯、土曜=茶帯、日曜=黒帯と進んで行きます。。。

 

 

 

私は昨年末にリオに来た時にJICAの職員の日本人の方と知り合いになりました。その方のマンションにタダで泊めてもらいました。。。

 

 

 

日本から修行に来ていた、小笠原さんと村上さんが泊まっている『ホテル・ヴィトーリア』に行きました。。。

hotel-vitoria

 

 

そして、3人で会場であるニテロイ市まで20分くらい渡船に乗って行きます。。。

 

 

 

試合の時間がよくわからなくて、午前中についてしまいましたが、ジュベニウから試合が始まり、夕方になってもなかなか自分の試合の時間になりません。。。

 

 

 

青帯のジュベニウでアリ・ファリアスがぶっちぎりで優勝してました。。。

foto1_29

 

 

 

 

ジャクソン・ソウザはジュベニウの青帯・決勝で負けて号泣してました。。。

maxresdefault

 

 

 

コパドムンドは優勝すると賞金が出るので、優勝と準優勝ではファベーラ出身のジャッキーには天と地ぐらいの差があったのでしょう。。。

 

 

 

あまりにも私の試合が始まらないので、明日以降試合がある小笠原さんと村上さんは先にホテルに帰りました。。。

 

 

 

試合は結局、午後6時くらいから始まりました。。。

 

 

 

1回戦をポイントで判定勝ちしました。。。

 

 

 

メンデス兄弟も同じカテゴリーに出ているので、なんとか彼らのところまで勝ち残ろうと頑張りました。。。

 

 

 

しかし、結果は2回戦でポイント負けでした。。。

 

 

 

準決勝でハファがサミール・シャントレを破り、メンデス兄弟が決勝をクローズドアウトしました。。。

 

 

 

試合が終わった後、力が抜けました。。。

 

 

 

ハモーンがいたので、思わず『負けてしまってごめん、、、』と謝りました。。。

 

 

 

ハモーンはびっくりしたように、『そんなこと言うな!よくやった!』と慰めてくれました。。。

 

 

 

試合前に貴重品の財布だけ泊さんに預かってもらっていましたが、泊さんも日曜日に試合があるので、先に帰っていました。。。

 

 

 

その為、財布を同じBRASAのコンプリド(ホドリゴ・メデイロス)に預けていたらしく、試合後、なぜか財布をコンプリドから受け取るという変な出来事だけ覚えていますw。。。

Comprido

 

 

帰りはメンデス兄弟たちと一緒にバスで帰ろうとしました。。。

 

 

 

メンデス兄弟はハモーンの実家のニテロイに泊まっているらしく、一緒に途中まで行って、1人でリオにバスで戻ってきました。。。

 

 

 

 

続く。。。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です