『ブラジル修行日記』その伍拾八\(^o^)/

10406661_741450859239322_1622143936993802392_n

『ブラジル修行日記』2006年6月!

 

 

前回の続きです!

 

 

朝9時ぐらいに隣で寝ているハファが起きたので、一緒に起きました。。。

 

 

 

お母さんとギィは仕事に行ってもう家にいませんでした。。。

 

 

ギィは高校を卒業してオフィスボーイ(ブラジルの銀行は行列が半端ないので、その行列に並んだりする)仕事を午前中だけしていました。。。

 

 

 

ハファは高校最後の学年だったはずですが、公立の高校だったのでサボりまくってました。。。ブラジルでは公立の高校なんて卒業してもほとんど意味ないので、、、

 

 

朝、起きるとキッチンでハファが朝ごはんの代わりに、アボガドとかバナナとかマンゴーを入れたスムージーを作ってくれました。。。ブラジルは新鮮な果物が安いです。。。

 

 

そして、ハファが『おいしい?』って聞いてきます。。。

 

 

 

私が『うまい!』lって言うと。。。

 

 

 

『そりゃそうだよ!俺が作ったんだもん!』と喜んでましたw

 

 

 

今ではアメリカに住んでセレブなメンデス兄弟ですが、おそらく初めて外国人の私に会って興味津々って感じでしたw

 

 

 

朝ごはんを食べた後は、2人で歩いて筋トレをしにフィットネス・ジム向かいました。。。

 

 

 

このフィットネスジムはメンデス兄弟のスポンサーになっていて、ドウギにパッチが付いています。。。

 

 

 

その代わりにメンデス兄弟はジムを自由に使うことが出来ます。。。

 

 

 

ハファがジムのオーナーに話してくれて、私も特別に無料で使わせてもらいました。。。

 

 

 

ジムのオーナーもハモーン道場の会員でした。。。

 

 

 

ハファと町中を歩いていると、そこら中で町の人とあいさつしています。。。

 

 

 

サンパウロのような大都会で知人に会うことはめったにないですが、このリオクラーロという町がいかに田舎かということがわかります。。。

 

 

 

町の人ほとんど、知り合いみたいなw

 

 

 

筋トレをしたジムにもマットスペースがありました。元々、ハモーンはここで柔術クラスを教えていたそうです。。。

 

 

 

もっと言えば、初めはあのレオ・サントスが教えていたそうです。。。

 

 

 

その時にメンデス兄弟は柔術を始めたそうです。。。

 

 

 

レオ・サントスがリオデジャネイロに帰らなくてはならなくなり、代わりに同じノヴァ・ウニオンの黒帯だったハモーンがリオから来てクラスを引き継いだそうです。。。ハモーンはリオのニテロイ出身です。リオクラーロとは何の関係もありません。。。ちなみにハモーンのポルトガル語はリオ訛りが強いので、サンパウロの人のポルトガル語に慣れている私にはかなり聞き取りずらいですw

 

 

 

そして、数年前にハモーンが今の常設道場を出すことになり、わざわざメンデス兄弟が通いやすいように彼らの家から歩いて5分くらいのところに道場を出したそうです。。。

 

 

なぜレオ・サントスがこんな田舎町に来て教えていたかは未だに不明。。。そこ聞くの忘れたw

 

 

 

ジムの後は、同じくメンデス兄弟のスポンサーのサプリメントショップに行きました。。。

 

 

 

ここのオーナーもハモーン道場の会員です。。。この日は期限切れのサプリとか貰ってましたw。。。

 

 

 

この店にはメンデス兄弟の従弟のフェルナンド・メンデスも店員としてバイトしてます。。。

 

 

 

 

その日の夜、ギィは『期限切れてるから身体によくないよ!』と言って飲みませんでしたが、ハファは普通に『少しくらい切れてても大丈夫だよ!』と言って飲んでました。。。

 

 

 

このあたりも二人の性格の違いが出ていると思います。。。

 

 

 

ギィは慎重で、ハファはおっとりしているイメージが私の中であります。。。

 

 

 

ハファと歩きながら色んな話をしました。。。スポンサーの話とか。。。

 

 

 

柔術はハファが初めにスタートして、それからギィが始めたそうです。それまでギィは卓球をやっていたそうです。。。

 

 

 

メンデス兄弟の家は母子家庭です。。。お父さんはハファが小さいころ離婚して家を出て行ったと言っていました。。。

 

 

 

そんな話をハファが教えてくれました。。。

 

 

 

午後1時くらいに家に戻りました。。。ギィもバイトを終えて家に戻って来ました。。。

 

 

 

 

午後2時にお母さんがパートの仕事の昼休みで帰ってきます。。。

 

 

 

そして急いで私たち3人分の昼ごはんを作って、また仕事に戻って行きました。。。

 

 

 

母子家庭で家計は苦しいはずなのに、見ず知らずの日本人の私にご飯まで食べさせてくれて、ホントに申し訳ないことしました。。。

 

 

 

3人で昼ごはんを食べて、午後3時半からの練習の為に、道場に向かいました。。。

 

 

 

5時に練習が終わると、一旦、家に戻って来て、ベットで話をして休憩しました。。。

 

 

 

お母さんも仕事から帰ってきて、一緒に部屋で話をするのですが、その時にメンデス兄弟がふざけて、『お母さん!ワカはコブリーニャの生徒なんだよ』とか柔術の事を知らいないお母さんに嘘の情報を与えて、お母さんがそれを信じて、私を困らせるとい悪ふざけを毎日やってましたw

 

 

最後の方にはお母さんも信じなくなってましたがw。。。

 

 

 

夜8時になると再び道場に行って夜練します。。。この道場の面白かった慣習はスパーをクラスの最後に5本やるのですが、1本目のスパーリングが始まる前に、2本目、3本目、4本目、5本目の相手を予約することですw

 

 

 

つまり『2本目ハファ!』とかおのおの叫びますw。。。時々、カブってしまって『俺、2本目ワカだからダメ!』。。。

 

 

 

『じゃあ2本目フェルナンド!3本目ワカ!』とかそういうやりとりが、そこら中で響き渡ります。。。

 

 

 

そして、5本目までの相手が決まるとスパーリングが始まります!

 

 

 

これのいいところは次にやる相手が決まっているので、インターバル中に相手を探さなくていいし、次のスパーのブザーがなったら、すぐ始められる点です。。。

 

 

 

ハファとギィはいつも5本目にやっていて、このスパーがいつも兄弟喧嘩かっていうくらい、ガチスパーでした。。。

 

 

 

たまに相手を壁にぶち当てて、周りが仲裁に入るくらい激しいものでした。。。

 

 

 

クラスが終わったら、チューブを使ったサーキットトレーニングをやってから家に帰ります。。。

 

 

 

家に帰るとお母さんが夜ご飯を用意してくれていて、それを3人食べて寝ます。。。

 

 

 

こんな感じで毎日過ぎて行きました。。。

 

 

続く。。。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です