『ブラジル修行日記』その伍拾六\(^o^)/

212699783.v1413492396

『ブラジル修行日記』2006年6月になりました!

 

 

 

ブラジルに来てから約3年間所属したTT柔術から、兄弟子のアンドレとレオジーニョが率いるBRASA柔術に移籍することになりました。。。

 

 

 

BRASA柔術の昼練はイビラプエラ体育館の隅の倉庫のようなスペースでやっていました。。。

 

 

 

決して恵まれた環境ではありませんでした。。。

 

 

 

この時期、リオクラーロからハモーンがアンドレの家に泊まり込みで練習に来ていました。ハモーンもアンドレの移籍に一緒についてきました。

 

 

 

朝8時半からサンカエターノのアンドレの道場でハモーンとアンドレは二人で朝練をしていました。

 

 

 

私もその朝練に来い!とアンドレに言われました。。。

 

 

 

私の住んでいるサンパウロ市内からアンドレのサンカエターノの道場は地下鉄とバスを乗り継いで1時間半かかるので、朝の7時に家を出発しました。。。

 

 

 

道場に着いて、アンドレ、ハモーン、私の3人で朝練します。。。

 

 

 

朝練はアンドレがハモーンに質問をする形式でスタートします。。。

 

 

 

そしてそのポジションからの打ち込みを繰り返して、最後にポジションスパーをします。。。

 

 

 

アンドレとハモーンと3人で練習できるなんて贅沢といえば贅沢なんですが、2人は黒帯、しかも階級もミドルとライト。。。

 

 

 

青帯の60kg代の私には厳し過ぎます。。。

 

 

 

朝練を11時くらいに終えて、アンドレの車でサンパウロのBRASAの昼練に向かいます。。。

 

 

 

BRASAの昼練がこれまたしんどくて、、、20名以上選手がいるのですが、茶帯と黒帯が大半でしかも平均ミドル級くらい。。。

 

 

 

青帯と紫帯は数人しかいませんでした。。。あのルーカス・レイチがまだ茶帯だったはず。。。

 

 

 

昼練が2時過ぎに終わると、私は歩いて10分くらいのところにある家に帰ります。。。

 

 

 

夜6時に夜練に参加するために、家を出発してサンカエターノのアンドレの道場に再び向かいます。。。

 

 

 

つまり、1日にサンパウロ~サンカエターノの間を2往復していました。。。

 

 

 

この生活を1週間続けましたが、交通費もかかるし、練習相手も困っているし。。。

 

 

 

この状況をなんとかしないといけないなと思い悶々としてましたw。。。

 

 

 

もっと自分と同じ階級、同じ帯の人と練習しないといけないのでは。。。

 

 

 

そこで、私はメンデス兄弟のいるリオクラーロの道場に行くことにしました!

 

 

 

サンパウロとリオクラーロは長距離バスで2時間半かかります。。。

 

 

 

月曜日の朝に寝袋とドウギ2着、1週間分の着替えを持ってサンパウロのバスターミナルを出発しました。。。

 

 

 

アンドレとハモーンには特に何も告げずに、泊まる場所も道場に寝ればいいやくらいの気持ちで行きました。。。

 

 

 

ネットでハモーンの道場の住所だけ調べて行きました。。。道場のHPとかもなくて、連盟のサイトに住所だけ載ってました。。。

 

 

 

リオクラーロのバスターミナルに着いたら、ハモーンの道場の住所をタクシーの運転手に見せて道場の前に着きました。。。

 

 

 

続く。。。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です