『ブラジル修行日記』その伍拾伍\(^o^)/

2006年

『ブラジル修行日記』2006年5月行ってみましょう!

 

 

5月と言えばブラジレイロ(ブラジル選手権)の季節です。。。

 

 

4月は原因不明の体調不良でほぼ1ヶ月道場に行けませんでした。。。

 

 

 

アンドレが1ヶ月間、日本に行っていたというのもありますw。。。

 

 

 

ブラジレイロは例年通り、リオで開催です。

 

 

 

トーナメント表見てガックリ。。。1回戦から去年の12月に新人戦で負けたペドロ・ブルーノと当たります。。。

 

 

 

青帯プルーマ級は20人以上いるトーナメントなのになんで、また同じ奴と1回戦で当たるのか。。。

 

 

 

ツイてないけど、仕方ないので、気持ちを入れ替えて頑張りました。。。

 

 

 

しかし、結果は1本負け。。。前回はポイント13-5くらいだったのがむしろ差が開いちゃいちゃってるし。。。

 

 

 

メンタル弱すぎです。。。

 

 

 

同じチームメートのメンデス兄弟が同じカテゴリーに出てました。。。

 

 

 

メンデス兄弟は順調に勝ち上がり、準決勝でギィが俺に勝ったペドロ・ブルーノを倒し、ハファがサミール・シャントレを倒し、決勝戦はメンデス兄弟でクローズドアウト。。。

blog_import_525aa3ecc1e2a

サミールは青帯時代からメンデス兄弟の壁を越えられず。。。

 

 

 

ペドロ・ブルーノも準決勝まで行くわけだから、尚更、悔しいわ。。。1回戦で当たらなければ。。。

 

 

 

ブラジレイロは2週に渡って行われ、最初の土日が青帯&紫帯、2週目の土日が茶帯&黒帯です。。。

 

 

 

リオ開催なので、2週目は見に行かない予定でしたが、リオに用事が出来て観戦することに。。。

 

 

 

そこで、黒帯メジオ級と無差別級で事件が起こりました。。。

 

 

 

黒帯は土曜日に無差別級、日曜日に階級別をやります。。。

 

 

 

まず、無差別級の準決勝で師匠のアンドレとマルセリーニョが初対決。。。

 

 

 

結果はアンドレの1本負け。。。人目も憚らずアンドレは泣いていました。。。

 

 

 

日曜日のメジオ級の決勝でも再びアンドレvsマルセリーニョ。。。

 

 

 

ここでも、マルセリーニョがポイント勝ち。。。

 

 

 

つまり、アンドレは2日連続でマルセリーニョに負けたことになります。。。

 

 

 

凄いもの見ちゃったって感じでした。。。アンドレが1本負けって。。。衝撃でした。。。

 

 

 

本当の事件はこの後、サンパウロの道場に帰った後に起こりました。。。

 

 

 

マルセリーニョに2連敗したアンドレは、テレスに文句を言いました。。。

 

 

 

『テレレが病気になって以降、自分には先生がいない。。。技術的に全然、成長してない。。。だからマルセリーニョに負けたんだ』と。。。

 

 

 

それに対してテレスは『だったら、自分が納得に行く先生がいるところに行ったらいいよ!』と。。。

 

 

 

そしてアンドレは『OK!じゃあ、レオジーニョに習いたいからレオの所に行く!』となりました。。。

 

 

 

そして、TT柔術を辞めて、レオジーニョが率いるBRASA柔術へと移籍することになりました。。。

 

 

 

さあ私はというと、アンドレのいないTT柔術などいても意味ありませんw

 

 

 

この年の1月から、アンドレが夜は隣のサンカエターノ市の支部で指導を始めてから、夜はアンドレの支部まで通っていた私ですから、当然、アンドレと一緒にBRASAに移籍することにしました。。。

 

 

 

テレスに自分もアンドレと一緒に移籍することを伝えに行きました。。。

 

 

 

昼練の前にみんながドウギに着替えて、タタミにいました。。。

 

 

 

昼練に来たけど、ドウギには着替えず、タタミに行き、テレスに話があるからちょって来てほしいと階段のところまで呼び出しました。。。

 

 

 

話を切り出すのが、凄く緊張したけど移籍するならしっかりケジメをつけないといけないので、話を切り出しました。。。

 

 

 

『今までお世話になったけど、アンドレと練習したいから一緒にBRASAに行くことにした』と言いました。。。

 

 

 

テレスは非常に悲しそうな表情で『そうか。。。それはしょうがないな。。。』と言いました。。。

 

 

 

続く。。。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です