ブラジル修行日記その伍拾四\(^o^)/

3db92885

最低、月1回は更新しよう思っている『ブラジル修行日記』です。。。

 

 

 

2006年4月。。。ネタがないw。。。記憶に残っている出来事がないのですw。。。

 

 

 

なんとか記憶を手繰り寄せて書きます。。。

 

 

 

まず、師匠のアンドレが『SHOW FIGHT』というプロの総合の大会の柔術マッチに出ることになりました。

 

 

 

総合の大会なので、リングで柔術マッチです!

 

 

 

相手はバルボーザ道場のアウグスト・フェハーリです!

 

 

 

アンドレとは茶帯時代からライバル関係にあります。。。

 

 

 

私もチケットを買って観戦しに行きました。。。

 

 

 

試合前に花道のソデでアンドレが待機していたので、『頑張ってね!』と声をかけに行きました。。。

 

 

 

セコンドにはアンドレの師匠のカレッカ先生、兄のカルロス、現ATOSの創始者ハモーン・レモスが付いていました。。。

 

 

 

私はアンドレにあいさつしに行っただけなのに、アンドレからまさかの『お前も一緒に来い!』という一言で、一緒に花道を歩いてセコンドにつくことに。。。

fb0c8541

 

 

 

花道を歩くのと、カレッカ先生やハモーンの中に自分みたいな青帯がいていいのかなぁ~と思いつつ緊張しましたw

 

 

 

試合はアンドレがスイープからバックを取って、最後は絞めで1本勝ちでした!

 

 

 

それまで、アウグストとは僅差の判定勝ちが多かったのですが、すっきりと1本勝ちしてライバルストーリーに終止符を打ちました。。。

 

 

 

事実、アウグストはこの試合以降、アンドレのいるミドル級から一気にヘビー級に階級を上げました(ステロイドかな?w)。。。

 

 

 

この試合の直後、アンドレは日本に行きました!

 

 

 

当初は青木真也選手と柔術マッチをやる予定でしたが、結局、実現しませんでした。。。

 

 

 

この時、撮影された『TECO』というドウギを着て、浅草の浅草寺を散歩するという意味不明な動画を後に『柔術魂』で見た気がする。。。

3fa7dba2

 

 

続く。。。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です