ブラジル修行日記その伍拾弐\(^o^)/

c869216f

『ブラジル修行日記』2006年2月行ってみましょう!

 

 

 

先月、死にそうになってからは、昼はTT本部、夜はアンドレの道場で練習するようになりました。。。

 

 

 

地下鉄とバスを乗り継いで1時間半かかるのでシンドいのですが、たまに遠くから来ている私の為にアンドレが練習後に2人だけでスペシャルテクニックを教えてくれたりしました。

 

 

家の前にウィルソンという紫帯の超金持ちの人が住んでいて、この人がアンドレのプライベートレッスンなんかも受けているくらいアンドレの事が好きな人なんで、この人も週に1~2回夜はアンドレ道場に行っていました。

 

 

 

ウィルソンがアンドレ道場に行くときは、一緒に行きも帰りも車に乗せてもらえるので、超ラッキーでした。。。

 

 

 

ウィルソンは仕事終わりに直接道場に向かうので、サンパウロの中心部にあるウィルソンのオフィスまで行ってそれから一緒に行ったりしていました。。。

 

 

ウィルソンは弟と一緒に株取引の会社かなんかを経営していたはず、、、すごいお金持ち、、、

92ce7006

右側の人がウィルソン!

 

 

1月は2月はブラジルは真夏なので、柔術の大会がなくて、ノーギの大会がメインです。

 

 

 

練習もこの季節はノーギクラスが増えます。。。私はノーギクラスが嫌だったので、TT道場の近くにあるバルボーザ道場によく行っていました。。。

ec49123f

バルボーザ先生はTT道場の私のことも無料で出稽古を受け入れくれてました。

 

 

 

私が『練習してもいいですか?(Posso treinar?)』と聞くと、バルボーザ先生はいつも『是非、お願いします!(Por,Favor!)』と言ってくれました。

 

 

 

なんという人格者なんでしょう!

 

 

 

27eeecc4

この月にアンドレとアンジェリカが結婚しました!結婚式はアンジェリカの地元ウバトゥーバというサンパウロから3時間くらいの町で行われたので、私は参加しませんでした。。。スーツも持ってなかったし。。。ギリギリで生活していたので、スーツを買うお金もなかったし。。。

 

 

 

この2人のが出会ったのが、2005年の9月にリオで行われたコパドブラジルの会場だったそうです。。。

 

 

 

アンドレは出会った当初、夜練が終わった後、車を3時間飛ばしてアンジェリカに会いに行ったりしてました!

 

 

 

この頃、TT本部で帯の昇段試験があり、事前にテレスが『紫帯欲しい?』と聞いてきたので、『まだいらない』と答えておきました。

 

 

私としてはなんとかこの年のムンジアルで結果を出して紫帯になりたかったので。。。

 

 

 

この頃の私の移動手段は自転車でした。最初は自分で中古の自転車を買いました。

 

 

 

しかし、この初代の自転車は家の塀の内側に鎖でくくりつけて停めていたのに、ある日、朝になったら無くなっていましたw。。。

 

 

 

おそらく犯人は高い塀を越えて中に入り、さらに鎖を切って持って行ったのでしょう。。。さすがブラジル。。。

 

 

 

自転車がなくなって困っているとスポンサードしてくれていた社長が新品の自転車を買ってくれました。。。

 

 

 

この頃、私はブログを書いていたのですが、家にパソコンなど持っていないので、近所の図書館まで行って毎日、ブログを書いていました。。。

 

 

 

図書館に行った時は、前の電柱にチェーンで自転車をくくりつけて停めていました。。。

 

 

 

いつものようにブログを更新して1時間後くらいに帰ろうとしたら、自転車がなくなっています。。。

 

 

 

あまりのことに『今日、自転車で来たっけな?』と思いましたw。。。

 

 

 

自転車をくれた社長さんすいません。。。

 

 

 

ブログを毎日更新するのがだんだん面倒になってきたので、私はブログの記事の中で先月、死にそうになったことにかこつけて『今はブログを書ける精神状態にないのでブログ無期限停止にします』と宣言しましたw

 

 

 

ホントはブログの記事のネタがなくなって来たのと、自転車がなくなって図書館までブログを更新しに行くのが面倒だっただけなのにw。。。

 

 

 

この記事を読んで真に受けてわざわざリオ州のカンポスという田舎町で修行中の小笠原さんがサンパウロまで私の事を心配して会いに来てくれました。。。

 

 

 

 

小笠原さんは10時間もバスに乗ってサンパウロまで来てくれました。。。

 

 

 

 

小笠原さんは私が死にそうになって廃人のようになっていると思ったそうです。。。

 

 

 

実際はピンピンしてましたw。。。

 

 

 

小笠原さんは1週間ほどサンパウロに滞在して、一緒に練習に行ったりしました。

 

 

 

小笠原さんはわざわざ心配して会いに来てやったと恩着せがましく言ってきましたが、小笠原さんがサンパウロに来た本当の理由はサンパウロの日本人街にあるホルモン焼屋にいくことだったはずですw。。。

 

 

 

なぜなら、年末にリオで小笠原さんに会った時に、サンパウロにはホルモン焼屋がありますよ!と伝えたときの、小笠原さんの『何ぃ!ブラジルにそんなものがあるのか!絶対サンパウロに行く!』という反応を私は忘れません。。。

 

 

 

続く。。。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です