ブラジル修行日記その参拾八\(^o^)/

2920a6ea

おはようございます、沖縄県那覇市でブラジリアン柔術専門の道場を開いております、【若ブラジリアン柔術道場】代表の若山です。

 

 

 

『ブラジル修行日記』も2005年5月になりました。。。

 

 

 

前回の試合でサトシ選手に肘を壊されましたが、日々の練習は続いて行きます。

 

 

 

相変わらずテレレはリオの実家で療養中で、サンパウロのTT道場にはいません。。。

 

 

 

内弟子たちの生活も荒れまくりです。。。

 

 

 

たまに、アンドレを中心に内弟子会議というものが行われました。

 

 

 

日々の生活のなかで、ここはこうした方がいいとか、みんなで改善点を出し合います。

 

 

 

結論はいつも『みんな自分の与えられて仕事をきっちりこなそう!』というところに落ち着きますが、実際はブラジル人なのでサボる奴がいます(笑)。。。

 

 

 

なので、真面目な性格の日本人の私に掃除と道場の受付の仕事のしわ寄せが来ます(笑)。。。

 

 

 

その仕事から逃げる為に、私も2月から週2回『日本人向けのポルトガル語教室』に通い始めていました。

 

 

 

この時間だけは日本人の生徒さん同士で、日本語で会話できるので、かなり息抜きになっていました。

 

 

 

そして、一番大きかったのは、サンパウロに住んでいる日本人の方々を通じて、スポンサーを獲得できたことです。

 

 

 

ブラジルではアンドレくらいの黒帯の有名な選手になると、ドウギメーカーなどが毎月決まった額をスポンサーしてくれて、その収入で柔術だけで生活しています。ただし、これはごく一部のトップ選手です。

 

 

 

色帯の選手になると、多くは単発でその大会のみのスポンサーです。大会の出場費とリオまでの交通費などを出してくれるパターンです。

 

 

 

多いのはレストラン、ドラックストア、ウォーターサーバーの店、パン屋とか八百屋なんかもあります。。。

 

 

 

選手はスポンサーのロゴの入ったパッチをドウギにつけて、試合に出ます。

 

 

 

ポルトガル語教室で知り合ったある方のアドバイスで、私もスポンサーを見つけることにしました。

 

 

 

 

私は日本人なのでブラジル人の会社に行っても片言のポルトガル語では通じないので、日本人であるとう利点を生かして、サンパウロにある日本人の社長さんがやっている会社を回ることにしました。

 

 

 

まず初めにした事は、サンパウロには『サンパウロ新聞』と『ニッケイ新聞』という日本語の新聞社が2つあるのですが、そこに3月の州選手権で優勝したメダルを持参して、自分の事を新聞の記事にしてもらう為に、売り込みに行きました。

 

 

 

『私は日本からブラジリアン柔術という格闘技の修行に来て、そろそろ2年が経ちます。今は道場に住み込みで練習していて、黒帯を取るまでは帰るつもりはありませんので、スポンサーになって下さい!なっていただけた企業様の名前をドウギに入れて大会に出ます!』という感じの記事を書いてもらいました。

 

 

 

そして、この記事によって私のことを知った日本人の方々が、色々、私の為に動いてくれました。

 

 

 

それまで、道場に住んで完全なブラジル人社会のなかで生活していましたが、サンパウロに住んでいる日本人のコミュニティの中で、人から人をどんどん紹介してもらっていき、ついに2人の社長さんから毎月、決まった額のお金をスポンサーしていただけることになりました。

 

 

 

 

実際、企業にとって広告効果などなかったと思いますが、社長さんがポケットマネーで応援してくれました。

 

 

 

この収入によって、1年2か月暮らした道場生活から抜け出し、和歌山県人会に住むことができました。

 

 

 

 

そして、つらい道場の掃除と受付から解放されました(笑)。。。

 

 

 

この頃、道場の掃除はほぼ、私が1人でやっていたし、他の内弟子は誰も起きてこないので、朝は私が道場を開けて受付で電話対応などしていました。

 

 

 

だから、私が道場からいなくなったら、正直どうなるんだろう?と心配しておりました。。。

 

 

 

アンドレにスポンサーが見つかったから、道場から出るという話をするときも、反対されるのではないかと緊張しました。。。

 

 

 

しかし、スポンサーが見つかったとアンドレに告げると、自分の事のように喜んでくれてホッとしました。。。

 

 

 

結局、私が道場から出た後、TT道場のオーナーであるテレスが掃除係のオバサンを雇いました。そして、道場の受付にはテレスのいとこのマリリアという女の子が働きはじめました。

d01382b1

 

テレスのいとこで受付嬢のマリリア。本職は女子大生。。。カメラ向けたら顔隠されました(笑)。。。

 

 

 

 

 

続く。。。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です