技を覚えるために私がやったこと\(^o^)/

KIMG1594

こんばんわ、沖縄県那覇市でブラジリアン柔術専門の道場を開いております、【若ブラジリアン柔術道場】代表の若山です。

 

 

 

昨日の続きじゃないですけど、白帯の頃、技が覚えられなかった私はあることを始めました。。。

 

 

 

 

 

 

 

 

さすがに全然技が覚えられない私は、自分だけ周りのみんなと頭の構造が違うんじゃないか?とかなり焦りました。。。

 

 

 

 

そこで、その日習った技を家に帰ったらノートに書き留めることにしました。

 

 

 

 

大体、1回のクラスで2~3個、多くても4~5個のテックニックをやると思うんですよ。

 

 

 

 

しかも、全く関連性のない技、パスガード1個、スイープ1個、極め技1個ってやる先生なんてめったにいないと思います。

 

 

 

 

大体、その日のテーマが決まったいて、パスガードだったらパスガードで2~3個、スイープだったらスイープで2~3個って感じだと思います。

 

 

 

私がクラスをやる場合も、こんな感じでその日のテーマを決めて、1つのポジションからのテクニックにフォーカスしてやります。

 

 

 

 

なので、ノートにまず、その日何をやったかを    <テクニック>マウントからの極め技    てな感じで書きます。

 

 

 

 

そして次に、   ①袖車絞め   と書きます。そして、実際に1.右手はここを掴み、2.左手はここを掴み、3.足は~てな感じで書いていきます。

 

 

 

 

途中、先生が説明していたことも    ポイント:おでこは床につけたまま行う!     てな感じで書いておきます。

 

 

 

さらに   (そうしないと相手に袖車しようとしてる事がバレる!)    てな感じでなんでそうしないいけないかも書いておきます。②腕十時固め  ③三角絞め  と続く。。。

 

 

 

 

これを道場から帰って、寝る前に書きます。寝る前っていうのがポイントです。寝て次の日になるとほとんど忘れてるからです。。。

 

 

 

 

実際、このノートを見返すことはほぼありません!というか見てもほとんど意味不明です。書いてある通りに技を再現しようとしてみても出来なかったことがよくありました。

 

 

 

 

特に最初のころなんて要領が悪いので、文字はたくさん書いてあるけど、『サイドポジションとはサイドのポジションである!』なんていう、後から読んだら、自分でもなんでこんなこと書いたんだろう?と思うようなどうでもいいことが書かれていて驚きます。

 

 

 

しかし、私はこの書くという行為に意味があると思います!

 

 

 

 

つまり、家に帰ってノートに書くときに一生懸命、今日、習った技を思い出して書くわけです。

 

 

 

 

この思い出すという行為によって記憶に残るのではないのかな~と思っております。

 

 

 

 

ブラジルに行った後も、この『柔術ノート』は続けていました。

 

 

 

 

だんだん、書かなくてもわかる技は書かないので、帯が上がるごとに書く量も減っていきました。。。

 

 

 

 

通算でノート7冊になりました。試合前日に不安になったりしたときは読み返したりね。。。

 

 

 

 

ノートなんか面倒くさくて書いてらんねぇよっていうそこのあなた!

 

 

 

 

最近はスマホやi-Padで動画が撮れるじゃないですか!いい時代になったもんです!

 

 

 

 

私のクラスはガンガン動画撮ってもらって結構ですので活用してください!

 

 

 

 

ただし、ネット上にアップしたりしないでね。。。こっ恥ずかしいんでね。。。

 

 

 

 

<写真は本文とは全く関係のない、私の趣味のスイーツ>

 

 

 

 

【若ブラジリアン柔術道場】
 那覇市首里山川町3-61-9 桂商事ビル1F
 TEL:098-884-0029
 営業時間 月~土(日曜定休日)
 朝クラス        10:30~12:00(土)
 ベーシッククラス   19:00~20:30
 スパーリングスクラス 20:30~22:00
 ミッドナイトクラス     22:00~23:00
 ※駐車場完備

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です