獲ったどー獲ってやったどー\(^o^)/

1410108822676

こんばんわ、沖縄県那覇市でブラジリアン柔術専門の道場を開いております、『若ブラジリアン柔術道場』代表の若山です。 

 

 

 

 

今日は『天下一FIGHT73』でMMAフライ級のチャンピオンベルトを獲ることが出来ました。

 

 

 

 

 

 

 

正直、今回はビビり倒していました。。。

 

 

 

 

自分の中のテーマはいかに怖がらずに、打撃で押していけるかでした。

 

 

 

もし、怖がって遠くからタックルに入ったら、タックルを切られ続けて、判定負けしていたでしょう。

 

 

 

 

5月のアマチュア修斗はその展開で負けました。

 

 

 

 

ずっとそれをテーマにやってきました。

 

 

 

 

相手はカウンター狙いの選手なので、もし私が行かなかったら、お見合い状態続くと思っていました。

 

 

 

 

なので、今回は自分の勇気が試される試合だと思っていました。

 

 

 

 

試合開始と同時に前に出ていきました。

 

 

 

なんとか四つで組んでロープに押し込むことが出来ました。

 

 

 

 

予想通り、腰は強かったですが、セコンドの指示通りに動てテイクダウンをしました。

 

 

 

 

相手は蹴って立ち上がろうとしてきましたが、それも予想どおりだったので、柔術で培ったテクニックを駆使して死んでも立たせないようにしました。

 

 

 

 

ここから、すぐにパスガードに行くと見せかけて、今回の2つ目のテーマ『パウンドを出す』を実行しました。

 

 

 

 

そしてなんとかマウントを奪取して、さらに相手が回転してきたところでバックチョークに行きました。

 

 

 

 

途中、何度も深く絞めが入りましたが、対戦相手の粘りが半端なく、こちらの腕がパンパンになってきました。

 

 

 

 

バックから何十発もパウンドを入れつつ、チョークを深く入れますが、なかなかタップが取れません。

 

 

 

 

このまま、2Rまで行ってしまったら、こちらが逆にスタミナ負けしてしまうという嫌な予感がしました。

 

 

 

 

1R終了間際まで渾身の力で取りに行きましたが、結局、極めきれませんでした。

 

 

 

 

インターバル中、セコンドの指示には一切、返事できないくらい、疲労してました(笑)。。。

 

 

 

 

2R開始が始まると、予想通り相手は、必死の形相で攻めて来ました。

 

 

 

 

怖がらずに、前に出て、もう一度、テイクダウンに成功しました。

 

 

 

 

今度はハーフガードからコツコツ、パウンドを当てて行きました。

 

 

 

 

そして、再び、マウント~バックチョークの展開になりました。

 

 

 

 

前に振り落されて、下にならないことだけを気をつけていましたが、残り1分のところでついに下になってしまいました。

 

 

 

 

猪木アリ状態から、相手は飛び込んで、パウンドしてきます。

 

 

 

 

とにかくKOされないように、足を効かせて、時間が過ぎるのを祈っていました。

 

 

 

 

残り10秒くらいで相手が強引に飛び込んできたところを逆に上を取ったところで、試合終了のゴングがなりました。

 

 

 

結果は判定3-0でベルト奪取に成功しました。

 

 

 

 

チケットを買って応援に来てくれた皆様、セコンドでサポートしてくれた先生方、本当にありがとうございました。心強かったです。

 

 

 

 

試合後、たくさんの人に感動しましたと言っていただけて、挑戦した甲斐がありました。

 

 

 

 

【若ブラジリアン柔術道場】
那覇市首里山川町3-61-9 桂商事ビル1F
TEL:098-884-0029
営業時間 月~土
朝クラス    10:30~12:00(火・木・土)
ベーシッククラス19:00~20:30(月~土)
ミックスクラス 20:30~22:00(月・水・金)
ミッドナイトクラス  22:00~23:00(月・水・金)
オープンマット 20:30~23:00(火・木・土)
※駐車場完備

 

 

 

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です