台湾に行って来ました\(^o^)/

207908823_624_v1406508590

こんにちわ、沖縄県那覇市でブラジリアン柔術専門の道場を開いております、『若ブラジリアン柔術道場』代表の若山です。

 

 

 

 

金曜日から月曜日まで、『台湾国際BJJ』に出場&レフリーをするために台北市に行っていました。

 

 

 

 

 

 

 

沖縄と台湾は飛行機でたったの1時間!東京に行くよりはるかに近いです!

 

 

 

 

格安航空会社のLCCを使えば、往復で15,000円で行けちゃいます!

 

 

 

 

今回の『台湾国際BJJ』ですが、出場者が昨年の130名からいっきに230名に大幅アップ!

 

 

 

 

試合会場も2面から3面に増えました。ただし、2面の柔道場を無理やり3面に分けたので、レフリーをやるには神経を使いました。

 

 

 

 

試合は白・青帯から始まり、午後から紫・茶・黒帯がスタートしました。

 

 

 

 

私は午後の部の第一試合で階級別の試合をしました。途中まで藤井選手の足関をしのいで、2-0で勝っていたのですが、残り3分くらいでアンクルを極められ負けました。

 

 

 

 

そのあと、その試合を裁いていた小笠原先生より『レフリー戻ってくれない?』という悪魔のお達しがあり、すぐドウギからレフリーの格好に着替えて、Bマットの紫帯のレフリーを始めました。

 

 

 

汗だくでレフリーをしつつ、隣のマットの進行具合が気になって仕方ありませんでした。

 

 

 

 

なぜなら、10試合後に無差別級の試合迫っているからです!

 

 

 

 

気になり過ぎて、勝ち名乗りをあげる選手の手を間違えて挙げたり、ミスを連発しました。(紫帯の選手ごめんなさい。。。)

 

 

 

 

そして、なんとか無差別の試合の2~3試合前に、強引に村上先生にレフリーを代わっていただき、再びドウギに着替えて無差別級の1回戦です。

 

 

 

序盤から猛攻をされるも、なんとかポイントを与えず、後半、相手の橋本選手が疲れてきたところで、ポイントをとり1本勝ちできました。

 

 

 

 

決勝は同じ沖縄の道場、パラエストラ沖縄の上田選手です。上田さんは週に2回くらいうちの道場に練習にくる練習仲間です。

 

 

 

スパーリングではボコボコにされているので、普通にやったら勝てません(泣)。。。

 

 

 

 

 

試合開始とともに上田さんの強烈な極め技から苦手の足関節の嵐が襲ってきます。

 

 

 

なんとか凌いでいるの、上田さんが回転したときに『外掛け』状態に。。。

 

 

 

 

レフリーのストップの声でまさかの反則勝ち。。。

 

 

 

 

私の反則勝ちで、無差別級優勝しちゃいました。。。

 

 

 

 

そして、再びレフリーに戻りました。。。

 

 

 

 

レフリーしながら、試合に出るのはかなりしんどいことがわかりました。

 

 

 

 

来年は、道場生のみなさんも一緒に出場しましょう!

 

 

 

 

【若ブラジリアン柔術道場】
 那覇市首里山川町3-61-9 桂商事ビル1F
 TEL:098-884-0029
 営業時間 月~土(日曜定休日)
 朝クラス    10:30~12:00(火・木・土)
 ベーシッククラス19:00~20:30(月~土)
 ミックスクラス 20:30~22:00(月・水・金)
 ミッドナイトクラス  22:00~23:00(月・水・金)
 オープンマット 20:30~23:00(火・木・土)
 ※駐車場完備

 

 

 

 

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です