ブラジル修行日記その拾九\(^o^)/

154391_175102049186116_4229125_n

おはようございます、沖縄県那覇市でブラジリアン柔術専門の道場を開いております、【若ブラジリアン柔術道場】代表の若山です。

 

 

 

 

ブラジル修行日記続きです。。。

 

 

 

2004年4月、テレレ、テレス、アンドレがパンナムに行くことになりました。

 

 

 

 

内弟子たちにとっては鬼監督のテレレがいなくなるので、すごくホッとしました。

 

 

 

 

例えるなら、『部活の怖い顧問の先生が、今日は会議で練習来ない』みたいな。。。

 

 

 

 

2週間くらいアメリカに行っていたと思います。

 

 

 

 

パンナムの結果ですが、テレレは黒帯メジオで優勝、テレスも優勝してたかな?アンドレは茶帯でメジオとアブソをあっさり優勝。。。

 

 

 

 

黒帯アブソの決勝でテレレとジャカレイがやりました。

 

 

 

 

結果はジャカレイが大量ポイントで勝ったはず。

 

 

 

テレレとジャカレイは非常に仲が良くて、アメリカから帰って来たとき、ジャカレイも一緒にサンパウロの道場に来ました。

 

 

 

 

そして、1週間くらいテレレの家に滞在して、練習して行きました。

 

 

 

 

4月の下旬、今はなきCBJJO(CBJJに対抗してノヴァ・ウニオンがつくった連盟)の大会、『AMERICAN GOLDEN CUP』がリオで行われました。

 

 

 

 

要はCBJJのパン・アメリカンに対抗してやっているんでしょうが、規模は全然、小さいですね。

 

 

 

 

優勝すると各階級・各帯ごとに賞金が出るのが特徴です。

 

 

 

 

大会はリオで行われるので、夜中の12時に長距離バスに乗って、6時間かけて朝の6時にリオに到着します。

 

 

 

 

 

もちろんテレレ、テレス、アンドレたちは飛行機で行きます。

 

 

 

お金のない内弟子たちはバスで行きます。なぜかジャカレイもバス組にいたけど、、、

 

 

 

 

リオに着いたら、テレレの実家に泊まります。

 

 

 

 

ファベーラと呼ばれる貧民街で、非常に治安が悪いです。

 

 

 

 

ふつう、ブラジル人も住人以外は入れません。

 

 

 

 

 

日本人の自分はすごく目立ちます。

 

 

 

テレレのお父さんとお母さんにとてもよくしてもらいました。

 

 

 

 

テレレのお母さんのごはんがめちゃくちゃ美味しいです。

 

 

 

 

TT柔術の選手だけで50人くらいが行ったので、当然、テレレの実家だけでは入りきらないので、親戚の家やテレレがファベーラで柔術を教えている生徒の家などに、分散して泊まりました。

 

 

 

 

試合ですが、2試合勝ち上がり、3試合目で負けました。

 

 

 

 

どうやら、それが準決勝だったようで、3位のメダルを貰いました。

 

 

 

 

初めてバスで6時間も移動して、初めてファベーラに入って、とにかく見ることすべてが驚きだったので、精神的にすごく疲れました。

 

 

 

 

3位だったけど満足しちゃいました。。。

 

 

 

 

TTチームはみんなほとんど優勝して賞金を手にしてました。

 

 

 

 

<写真は大会終了後チームの大勝利に盛り上がり、太鼓に合わせて踊り狂うTT軍団>

 

 

 

 

【若ブラジリアン柔術道場】
那覇市首里山川町3-61-9 桂商事ビル1F
TEL:098-884-0029
営業時間 月~土(日曜定休日)
朝クラス    10:30~12:00(火・木・土)
ベーシッククラス19:00~20:30(月~土)
ミックスクラス 20:30~22:00(月・水・金)
ミッドナイトクラス  22:00~23:00(月・水・金)
オープンマット 20:30~23:00(火・木・土)
※駐車場完備

 

 

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です