またまた台風接近中(>_<)

KIMG0633

 こんばんわ、沖縄県那覇市でブラジリアン柔術専門の道場を開いております、【若ブラジリアン柔術道場】代表の若山です。

 
 土曜日は台風の影響で風が強く危険と判断した為、道場はお休みとさせていただきました。

 

 日曜日になり、台風はだいぶ収まってきましたが、新たな台風が接近中です(>_<)

 さて先日、練習中にある会員さんからスイープをされたそうになった時にどうやってディフェンスすればいいか?という話から面白いたとえ話に発展したので、紹介したいと思います。

 ディフェンス方法も残り試合時間、対戦相手の実力、その時点での自分のスタミナetc…によって変わってきます。

 試合で相手にスイープをされそうになったときに、アドバンテージで止めるか、2ポイント取られてしまうかでその後の、試合展開、さらには勝敗に関わってきます。

 アドバンテージで止めておけば勝てたのに、2ポイント取られたことによってその後、ゲームプランが崩壊してしまって負けた、、、

 ただし、ここは死んでもアドバンテージで止めないとマズいのか?

 試合の序盤なら、2ポイントとられてもまだ残り時間で逆転できるなら、あえてスイープを食らっていい体勢で下になり、その後しっかりスイープし返して、パスガードにつなげていけば勝てます。

 逆に無理して、アドバンテージ止めようとカメになって逃げたところをバックをとられて負ける可能性もあります。

 

 その判断を残り試合時間、対戦相手の実力、その時点での自分のスタミナetc…によってしなければいけません。

 例えるなら、野球で序盤でノーアウト満塁なら、一点は仕方ないのので内野はアウトカウントを増やしたいのでダブルプレーを取りに行きます。

 でも、終盤でノーアウト満塁(一点を争うような展開)なら、内野はバックホーム体制、絶対に三塁ランナーにホームは踏ませません。

 柔術も同じですね!

 これだけ熱く野球に例えてみましたが、私は野球やったことありません(>_<)

 【若ブラジリアン柔術道場】
 那覇市首里山川町3-61-9
 TEL:098-884-0029
 営業時間 月~土
 朝クラス 10:30~12:00
 夜クラス 19:00~20:30
      20:30~22:00
 ※駐車場完備

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です