ブラジル修行日記その九\(^o^)/

94210fc1

 こんばんわ、沖縄県那覇市でブラジリアン柔術専門の道場を開いております、【若ブラジリアン柔術道場】代表の若山です(^.^)

 最近、書いてなかったブラジル修行日記の続きです、、、

 

 体調を崩して病院に行って250へアイス(当時のレートで1万円くらい)くらい出費してしまいました(>_<)  お金を節約しようとご飯にお金を使わないようにしていたのに、逆に大きな出費になってしまいました(T_T)  それ以降は考えを改め、ちゃんと自炊してご飯をしっかり食べるようになりました。  その後、練習に復帰しましたが、なかなか体調が良くならず、1日行っては2~3日休みの繰り返しでした。  そして、再び体調を崩し1週間くらい道場に行けなくなりました(>_<)  柔術しかやることがないのに、柔術が出来なくなると精神的に相当へこみます、、、  この時ばかりは、『自分のような白帯がブラジルに来るなんて間違いだった』と思いました。  ブラジルまで来てしまったことを本当に後悔しました。    早くも日本に帰りたくなりました。    でも距離的にもすぐ日本に帰れる訳はありません。  こんなことを相談できる相手もいないので、1人ベットのなかで1日中考えているとどんどん暗くなっていきます。  そんな時、同じ日本人でブラジルに修行に来ていた鈴木章太郎さんが、私が住んでいる県人会を訪ねて来てくれました。  章太郎さんはパレストラ東京の青帯で、レオジーニョのところで修行していたので、たまにマスター柔術の合同練習で会うことがありました。  章太郎さんは体調の悪い私を気遣ってスーパーまで買出しに行ってくれました。  そして久しぶりに日本語で話ができてだいぶ気分が楽になりました。  章太郎さんから『あまり練習しすぎると体調を崩すから、適度に休みを取ったほうがいいよ』とアドバイスをもらいました。  それ以降、自分のなかで水曜日の夜の練習は休息日と決めました。  そして、それからは練習にも慣れ、毎日、道場に復帰することができました。  続く、、、  <写真はTT道場の入り口、ここから外階段をあがっていくと2回が道場、入り口でポーズをとっているのはこの建物のオーナーのサントスさん>

 【若ブラジリアン柔術道場】
 那覇市首里山川町3-61-9
 TEL:098-884-0029
 月~土 19:00~22:00
 ※駐車場完備

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です